理想の食事時間は10時~19時

更新日:11月19日

22時には消化を終わらせるように食べる


食事をとる時間帯に気をつけることでも、内臓脂肪をつけにくくすることができます。

前提として、食事は朝・昼・晩と3食きちんと食 べましょう。 1食抜いて食事と食事の間隔が開き 過ぎると体が飢餓状態になり、体に入ってきた糖質を急いで吸収し、脂肪としてため込もうとしてしまいます。また、血糖値も急激に上がるため、 脂肪が増えやすくなります。


食べる時間でまず気をつけてほしいのは、夕食が遅くなり過ぎないようにすることです。というのは、代謝を促して脂肪を燃焼させる「成長ホルモン」は22時から深夜2時に多く分泌されることがわかっています。 この時間帯に胃が食べ物を消 化していると、成長ホルモンの分泌量が減り脂肪が燃焼されにくくなるのです。


また、22時から深夜2時は、脂肪の合成を促し脂肪細胞を生み出すたんぱく質「BMAL1」(脂 肪貯蔵たんぱく質)が増える時間帯でもあります。 BMAL1が多く存在する時間帯にたくさん食べ ると、それだけ脂肪をため込みやすくなります。 ちなみに、BMAL1が最も減るのは14時。こういった働きから考えると、糖質が多めの食事は10 時から19時にとるのが理想的です。


どうしても夕食が19時以降になる場合は22時ま でに消化を終えられるよう、消化のよいものを軽 めに食べるようにしてください。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示