若い世代に増えている「頭下がり」

頭痛、肩こり、猫背、腰痛の入り口 ライフスタイルが変化すると、以前にはなかっ た健康問題が生まれます。 「頭下がり」という不自然な姿勢もひとつ。姿勢が崩れる大きな要因に筋力の低下が挙げられますが、頭下がりは筋力のある若い世代にも多く見られます。


「ケータイ社会白書2019年版」によると、小学1年生でもすでに5割以上、中学3年生になる約9割の子どもたちが、日常的にスマホやケー タイを使っています。 ゲームや動画、SNSなどに夢中になると、時間を忘れて小さな画面をのぞき込みがち。


姿勢を見ると、画面に吸い寄せられるように頭部が前方に伸び、首の後ろの筋肉が引っ張られて緊張した状態になっています。 若い世代は筋力や柔軟性があるので、最初のうちは痛み や不調を自覚することはほとんどありません。しかし、こうした不自然な姿勢が長期間続くと緊張で筋肉がこわばり、ひどくなると寝違えや首が回らないなどの症状が現れます。小中学生に増えている頭痛や肩こりの一因でもあります。 頭下がりだと腹圧が弱くなり、猫背や腰痛の原因にもなります。 体幹バランスが悪くなって、スポーツのパフォーマンスにも影響するので、一生懸命練習していてもなかなか上達しない、大事な試合で結果が出せないということも。 便利で手放せないからこそ、スマホやケータイを使うときの姿勢に気をつけて、賢く利用したいものです。 #頭痛 #筋肉 #緊張 #頭下がり #若い世代 #肩こり #筋膜



14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示