top of page

もしかして貴方も「気象病」かも!? Part3


では、どうすれば気象病を遠ざけられるのでしょうか?




生活習慣が乱れている人やストレスが多い人は自律神経が


乱れがちになり、気象病の症状が悪化しやすいと言われて


います。


つまり、自律神経のバランスを整えることが大切で、


早寝早起き、朝食を取る、適度な運動、十分な睡眠、入浴


など正しい生活を送ることです。




また、気圧を感じるセンサーが敏感に反応してしまう原因


は、内耳の血行不良ですので、内耳の血行を良くすること


が改善に繋がります。



これらのことから、


気圧を感じるセンサーである内耳の状態をよくする感受性


のコントロール と、自律神経のコントロールをしていく


ことが気象病対策として有効なのです。


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page