top of page

もしかして貴方も「気象病」かも!? Part1


そろそろ梅雨に入りそうですね。


雨が降る前になると頭痛がする、台風が近づくとめまい


がする、天気が悪くなると古傷が痛む・・・など


天気の変化で体調が悪くなることはありませんか?



もしかするとその症状は、最近注目されている


『気象病』かもしれません。



気象病は、天候や天気の変化が原因で起こる体の不調の


総称で、頭痛やめまい、疲労感、関節痛、気持ちの


落ち込み(うつ)、吐き気、喘息などさまざまな症状が


出るのが特徴です。



四季の変化による寒暖差で体調を崩すことはよくありますが、


気象病では季節にかかわらず、特に気圧の変化が大きく影響


して、体調を崩す人は6割以上ともいわれています。




気圧の変化を体がどのように感じ取っているかは完全に解明


されていない部分もありますが、少なくとも内耳に関係して


いることは研究で解き明かされています。内耳には気圧変化


を感じ取るセンサーがあり、そのセンサーを通じて自律神経


系のバランスが崩れます。


こうしてストレスに対しての抵抗力が下がることで、血流障


害や筋肉の緊張が起こり、不調が引き起こされるのです。




次回は気象病のチェックリストの一つをご紹介☆


 


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page