top of page

美肌と血管・血流の関係 その2


血流が悪くなると肌にどうな影響があるのでしょうか?


また血流が悪くなる原因は何でしょうか?



血流が悪くなると



1.肌代謝(ターンオーバー)が乱れる。


  酸素や栄養が行き届かなくなり、肌代謝(ターンオーバー)のリズムが乱れ、シミやシワ、角質の肥厚などの肌トラブルの原因となる。



2.顔色が悪くなる。


  疲れや冷えによって血流が悪くなった血液は、酸素不足により血液が黒っぽくなるます。


  それが顔色に影響し、くすんで見えたり、血色が悪い状態に繋がります。



3.肌が乾燥する。  


  必要な栄養素が不足することでバリア機能が低下し、肌の水分不足に繋がってしまいます



血流が悪くなる原因



1.自律神経の乱れ


 自律神経は交感神経と副交感神経からなります。活動時には交感神経が優位で、休息時には副交感神経が優位に働きます。しかし、日々のストレスや不規則な生活などが原因で交感神経が優位になり続けると血管が収縮して、血流が悪くなってしまします。ストレスなどの影響で血管が収縮したり体内に活性酸素が増えると、毛細血管に炎症が起こり消滅する事もあります。



2.運動不足



3.食生活の乱れ


  血液がドロドロになり、血流が悪くなる原因に食生活があげられます。糖質や脂質の取りすぎ、タンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維不足から起きるトラブルです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page