top of page

暑さと自律神経の関係 part1


気温が急に高くなって「夏日」となったり、蒸し暑い日が続いたりすると、食欲がなくなる・体がだるくなるという人も多いのではないでしょうか。



今回は暑さと自律神経の関係や、暑くなってきたときに気をつけたい自律神経を整える方法を紹介します。




暑さと自律神経の関係とは



気温が高くなると、屋外と冷房で涼しくなった室内を頻繁に行き来しますよね。ゆるやかな気温差ならよいのですが、暑い場所から急に涼しい場所へ移動すると、自律神経でのコントロールがついてこられずに乱れを起こしてしまいがちです。



自律神経が乱れると、



代謝が落ちる(体温が低くなる)


皮膚の新陳代謝が遅くなる


精神的にイライラしやすくなる


胃腸の調子が悪くなる


体がむくむ


眠れない、寝つけないなどの症状が出る


手脚が冷えやすくなる


などの症状が出ます。



そのままにしておくと暑さに弱い体になってしまうので、夏バテを予防したいのなら、自律神経の乱れにも注目する必要があるというわけです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page