top of page

【姿勢が悪いと太りやすい】


良くない姿勢が肥満のリスクを高めることは、多くの研究で示されています。



特に長時間の座り過ぎは、体の代謝を低下させ、体重増加につながる恐れがあります。




姿勢が悪いと、体の筋肉が適切に働かず、エネルギー消費が減少します。



また、内臓脂肪がたまりやすくなります。内臓脂肪の蓄積は、メタボリックシンドロームや生活習慣病のリスクを高めます。



一方、正しい姿勢を保つことで、体の筋肉がきちんと働き、代謝が活発になります。



座位での適切な姿勢は、骨盤を立て、背筋を伸ばし、頭部を真っ直ぐに構えることです。



立位では、膝を軽く曲げ、お尻の筋肉に力を入れましょう。この姿勢は腹筋と背筋の筋力を高め、代謝をアップさせます。



まとめると、正しい姿勢を心がけることで、筋肉を動かし、基礎代謝を上げることができます。代謝の低下は肥満の一因ですので、姿勢改善は健康的な体型維持に役立ちます。



ぜひ日頃から意識して、美しい姿勢を保つように心がけましょう。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page