「第二の脳」である腸を活性化

幸せホルモン「セロトニン」は腸でつくられる


体幹部のインナーマッスルが衰えると、便をス ムーズに押し出しにくくなり、便秘の一因になり ます。腸内には体全体の6割以上の免疫細胞が存在しているため、腸内環境が悪化すると病気にかかりやすくなるといわれています。


体全体のなかで、腸は脳に次いで多くの神経細 胞が集まっています。腸は脳と密接に関わっていますが、脳の指令がなくても機能できるため「第 二の脳」とも呼ばれています。 さらに、心のバラ ンスを整える神経伝達物質「セロトニン」の95% を腸がつくり出しています。「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンは、幸福感をもたらし心身をリラックスさせる効果のある物質です。たとえば食事をしたあとは、リラックスして眠くなります。


これは、腸が活発に動いて、セロトニンが盛んに分泌されているからです。反対に、緊張していると腹痛を起こしたり、強いストレスを感じると便秘や下痢になったりします。このように、心と腸は相互に作用しあっているのです。


腸の状態がよいと、幸福感をもたらすセロトニンが分泌されやすくなり、ストレスを軽蔑して心のバランスも保たれます。腸を活性化するのは食事だけではありません。お腹や背中など体幹部のインナーマッスルを鍛えると、腹圧を高めて内臓の働きを活発にする効果があります。腸の働きを向上させることができるのです。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示